トップページ 羽毛掛け布団について

羽毛掛け布団について

 子供達は赤ちゃんの間はベビー布団、幼児期はジュニア布団を使っていました。私はもちろん大人用の布団で、掛け布団は結婚する時に買った高級羽毛布団。冬は暖かく、夏は冷房を入れると丁度いい温度に保たれ、快適でした。
 上の子は小学校に上がってしばらくしてから、「私も羽毛布団にしたい」と言い始めました。私の布団にもぐりこんできて、その快適さがわかっていたので主張し始めたのだと思います。「普通のお布団は重いし、寒い」と言っていました。
 子供の羽毛布団は贅沢かな、と思いましたが眠りは大切。高級は無理だけど、購入してあげようと検討を始めました。羽毛はピンからキリまであり、安い物を買うと『安物買いの銭失い』になりかねない種類の品物です。なので、国産のもので信頼できるメーカーのものに絞りました。一人2万5千円弱。二人分だったので大きな出費でしたが、子供たちはお昼寝にも使いたがるくらい気に入っているようです。もっと早く買ってあげれば良かったなと思っています。