トップページ 羽毛布団に感動

羽毛布団に感動

私は寒がりです。

毎年冬、夜眠る時はたくさん布団を重ねて電気毛布をしていたのですが、そんな私が羽毛布団にした時のエピソードです。

独身の時、一人で布団に入る時は、寒がりの為、マットレスに敷布団と毛布を敷き、毛布、薄手の布団、厚手の布団を被り、更に電気毛布を最強にして寝ていました。
冷え性の為布団に入ってもなかなか暖まらず、電気毛布は必需品だったのです。
周りから羽毛布団はいいよーと言われても、軽くて寒そうと思って試そうとは思いませんでした。
むしろたくさん被ることによる重さが落ち着くとさえ思っていました。

そんな私が羽毛布団に変えたのは、結婚祝いで羽毛布団をプレゼントしてもらったからです。
最初は軽すぎて落ち着かなかったのですが、何枚も重ねて被っていた時みたいに布団がズレることもなく、慣れるとその軽さを快適に思いました。そして想像したいたよりも熱を中に閉じ込めるのか、今は主人が発する熱もあり、電気毛布は使わなくなりました。

何枚も重ねるのもいいですが、少し良い羽毛布団をもう少し早く試してもよかったなと感じました。